これがいけなかったのか!トイレ詰まりの原因とは?

トイレに流すのはトイレットペーパーのみ!

トイレ詰まりの原因としてよくあるパターンが、水に溶けないものを流してしまうということです。最近では、水に流せるティッシュや水に流せるお掃除シートというものが販売されていますよね。しかしこれは、トイレットペーパーと比べると水に溶けにくいため、蓄積されることによって後に詰まってしまうかもしれないのです。猫砂や吐瀉物も同様、トイレに流すと詰まらせる原因となってしまうのですよ。トイレに流すのは、基本トイレットペーパーのみにしましょう。

節水することが逆効果に

次に良くあるパターンが、節水によるものです。水道代を節約するために、トイレのタンクにペットボトルを入れると良いということを、聞いたことがありますよね?さらに、大便をしたにも関わらず、水を流すレバーを小のほうにして流すことも良くあることでしょう。しかし、これでは流すための水量が足りず、排水管に詰まってしまう可能性があります。そうなると、業者を呼ばなくてはならないくらいの、トイレ詰まりを引き起こしてしまうかもしれません。かえってお金がかかってしまうので、無理な節水は控えましょう。

異変を感じたら直ちに修理!

次に、すでにトイレ詰まりの前兆があったのにも関わらず気づかなかったというパターンです。水を流した時に異音がするときは、トイレ詰まりが後に起こるかもしれませんよ。異音がするのは、排水管に問題があるか、すでに異物がトイレの内部で詰まっているからかもしれません。排水管に問題がある場合は、他の水場まで被害が及ぶかもしれないため、早めに修理をすべきでしょう。前兆を感じた際は、放置せずに早めにトイレ修理の専門業者に修理を委託しましょう。

水漏れトラブルで他の住居の方に与えてしまう損害をカバーするには、火災保険に加入することで金銭的な負担を回避することができます。

You Might Also Like