自分で作れちゃう?意外とはまる自作電気製品

電気製品を作るって難しそう

「電気製品を自分で作る」素人が聞くと、とてつもない偉業のような気がします。手芸や木工細工などとは違い、「電気」が付くだけで、なにやら専門の技術が必要な気がしますよね?ところが、自作の電気製品を趣味で楽しんでいる人は意外に多いようです。子供の頃、時計やラジオを分解したことのある人も居るのではないでしょうか?そのまま、元に戻せずに親に叱られた、なんて人も。子供の頃感じたようなワクワク感はそのままに、ちゃんと使えるものが出来あがった醍醐味は他には代えがたいようです。

こんなものまで作れちゃう

では、どのようなものが作れるのでしょうか?やはり、定番はラジオから入る人が多いようです。今はCDやDVD、スマホなどあらゆるデジタル機器が溢れています。そんななかで、自分の作った不格好だけど何処か懐かしい音がするラジオは乙なものです。普段聞かないラジオ放送に耳を傾けるのも良いものです。最近は、他にも自作家電のキットも色々出ているようです。初心者は、簡単に組み立てられるキットを使ったほうが安心でしょう。慣れてくると、自分でパーツ探しをするのも宝探しのようで楽しいそうです。万歩計やマッサージ機などまで自分で作れるそうですよ。

家族にも喜ばれるかも?

「趣味で電気製品を作るよ」なんて言うと、家族からは白い目で見られるかもしれません。なんだか一人で部屋にこもって、部品も散乱して…というイメージがあるからでしょう。でも、意外に良い点がたくさんあるのです。電気製品を作るということは、その仕組みを理解しなくてはいけません。つまり、家の電化製品が故障した時、自分で治せる(かもしれない)ということです。これは、かなり家族に感謝されると思います。また、太陽光発電の学習用キットなども販売されているので、子供と一緒に勉強することもできます。ただし、電気を扱う以上、感電やショートなどに関する知識は絶対必要です。正しい知識を身につけつつ楽しみたいものです。

プリント基板設計とは、完成品の大きさを考慮しながら、回路と回路を葬儀に接続して配置を決めることです。配置が悪いと電気ノズルが生じます。

You Might Also Like