プライドを捨て教えを請う大切さ!フォークリフト上達の工夫とは

先輩スタッフの教えを請うのは大事

始めてフォークリフトの運転業務に就く際は誰でも大なり小なり不安を持つもの。この様な不安をいち早く解消する為には、多少苦しくともいち早く自分の運転技術を向上させ、一人でも問題無くやってゆける精神的な自信や安心感を身につけるより他は無いのです。その苦しい課程の中で最も頼りになるのはやはり同じ職場の先輩スタッフですよね。こちらから礼儀正しい態度で接していれば、必ず運転のコツや上達方法を教えてくれる筈です。見よう見まねで操作のコツを覚えてゆく事も大事ですが、その間に起こり得るトラブルのリスクを考えれば、きちんと教えてもらう時間を別途確保した方が良いでしょう。

スタッフ間の意気投合の為にも

先輩スタッフに教えてもらうのは何もフォークリフト自体の運転技術上達の為だけではありません。これをきっかけに少しでも多くの同じ職場のスタッフと濃密なコミュニケーションを計り仲良くする事によって、職場での疎外感を防ぐと共にトラブル時の素早いフォローを期待出来るといったメリットも出てくるものなのです。フォークリフト運転時のトラブルは大事になり易く、職場で孤立した状態では事態の収拾にも余計心身の負担が大きく圧し掛かってしまいますよね。決して連帯責任という訳ではありませんが、トラブル時の解決方法をフォローしてくれる親しい先輩スタッフ一が人いるだけで安心感が大きく違ってくるのです。

独自の練習時間確保でも白い目で見られる事無く

職場の先輩スタッフと仲良くなる事によってフォークリフトの練習にも思い切った方法が採れる様になります。業務終了後の空いた時間やスペースを利用して、独自に練習時間を割けるチャンスが出てくるのです。ある程度職場のスタッフと仲良くなっておけば、いざこうした練習の際にも電気やガソリン費用の浪費といった観点で白い目で見られる事も少なく、存分に練習をする事が出来るケースも増える事でしょう。自前で練習するチャンスが極端に少ないフォークリフトは実戦を練習の場とする以外に方法は少なく、元々機械系の操作に弱い人がいきなり実戦でフォークを扱えば失敗の連続で自信を喪失するリスクも高くなってしまいますよね。それならば予め事業所内で別途練習の場を作るべく根回しをするのも一つの手段なのです。

フォークリフトとは、荷役用の自動車で車体前面に荷役用のフォークを装備した車の総称です。小回りが効くため、狭い倉庫や工場などにも配備され荷物の出し入れを行なうためには必要な自動車です。

You Might Also Like